トップ
≪映画≫『オールドボーイ』
日本の同名コミックの映画化。今年のカンヌ映画祭でグランプリに輝いた作品。主演は『シュリ』で北朝鮮テロリストを演じたチェ・ミンシク。共演はユ・ジテ、カン・ヘジョン。

15年間監禁された男オ・デス(チェ・ミンシク)の真実を求める復讐劇。

前評判に違わず面白かった! 「面白い」という表現には語弊があるかも知れないけど。




しがないサラリーマンのデスは妻子と共に平穏な日々を送っていたが、突然、訪れる拉致監禁。解放される日を夢見ながら日夜身体を鍛えることに没頭するデス。そして15年が経ったある日、拉致された時と同様、何の前触れもなく解放。そして、デスは妻が殺され、その容疑者として自分が指名手配されていることを知る。彷徨う彼に救いの手を差し伸べたのが寿司屋で働くミド(カン・ヘジョン)。監禁以来、誰に対しても疑心暗鬼になっていたデスが唯一心を許せる存在になるのだが・・・。



以下、完全ネタバレ!!



意外と早い段階でデスを拉致した男が青年実業家ウジン(ユ・ジテ)だと明らかになる。高校時代、デスが流した噂で最愛の姉が自殺したことに憤ったウジンの報復は壮絶! 「15年間監禁されていたのではなく、なぜ15年後に解放されたのか?」と問いかけるウジン。

このウジン、デスに対する行為は許せないんだけど憎み切れない。デスの一言が元で広まった噂「ウジン姉は弟の子供を妊娠している」。事実、ウジンと近親相姦関係にあったウジン姉はショックから想像妊娠をしてしまい、遂に自殺を決意。愛する姉の自殺を止めることの出来なかったウジンは後悔に苛まれ、怒りの矛先はデスに向けられる。「近親相姦には近親相姦を・・・」

暴力描写や性描写もあるが全てが悲しい事実へと繋がって行く。ミドはデスの娘じゃないの~!?と薄々は感じたものの、明らかにされるとやっぱりショック! 「ミドにだけは事実を話すな! もう何も喋らないから」と自らの舌をハサミで切ってしまうデス(痛) せめてもの救いはミドが真実を知らずに済んだことか。催眠術で記憶を失くしたデスは、真実を忘れてミドと愛し合って行くんでしょうか・・・?
[PR]
by blue-ryan | 2004-11-23 19:41 | 韓国映画