トップ
≪映画≫『おもしろい映画』
ドラマ『パリの恋人』のヒロインでもあるキム・ジョンウン、どこぞでちょくちょく見かけるイム・ウォニ、キム・スロが出演の『おもしろい映画』。

2002年日韓共同W杯開催を舞台に、日本の極右翼団体とKP(韓国警察)との死闘を描いたパロディ作品。複数の作品をパロディしているが、メインのストーリーはまんま『シュリ』。


以下、ネタバレ!!





おもしろい映画というよりアホ映画やろ!と思いながら見ていたが、いやいや『おもしろい映画』だった。基本は『シュリ』だが随所に『猟奇的な彼女』『チング』『反則王』などの人気作品を盛り込んでいる完全パロディ映画。好きだわ、こういうノリの作品! ヒロインのハナコ(キム・ジョンウン)がとにかく可愛い! そして面白い!!

ただ『シュリ』の北朝鮮テロリストと打って変わって、今回、韓国警察に挑戦状を叩き付けるのは日本の極右翼団体「天軍」。案の定、怪しげな日本語が飛び交う。途中、一人だけやけに日本語が上手いおじさんがいると思ったら六平直政氏!?

個人的に爆笑してしまったのは(不謹慎だが)ハナコの最期。『シュリ』ではあんなに感動的な落命シーンだったのに、どうしてこうまでバカバカしく作れるのか。もう一度、本家の『シュリ』を見返してみたくなった。

面白いだけでなく、アクションシーンも見応えあり。韓国映画を見ていれば見ているほど楽しめる作品と思う。もっとたくさん見ておけばよかった!
[PR]
by blue-ryan | 2004-11-23 21:03 | 韓国映画