トップ
≪映画≫『LOVERS』
チャン・イーモウ監督が『英雄(HERO)』に続いて送る歴史活劇。
主演に金城武、アンディ・ラウ、チャン・ツィイーと豪華キャストを揃えたものの、なぜか劇場は失笑の嵐・・・。




「唐」の時代。最大の謀反勢力を誇る「飛刀門」の討伐を命じられた捕吏の劉(アンディ・ラウ)は、疑わしき人物が遊郭「牡丹坊」に潜伏しているという情報を得、同僚の金(金城武)と共に潜入し、盲目の踊り子・小妹(チャン・ツィイー)を捕縛する。しかし、小妹が何も語ろうとしないため、劉は身分を偽らせた金に小妹を救い出させ、その信頼を得たうえで「飛刀門」の拠点を突き止めようと企てるのだが・・・。

難解で意味不明なストーリー(汗) 正直、唐突すぎる展開に劇場では失笑が・・・。 同じような場面の繰り返しだし、変に恋愛映画と期待して見ない方がオススメかも。



以下、ネタバレ!!



豆を追って踊り狂うかと思えば、何度もお色気シーンを用意しながら絶対に肩までしか見せてくれず、死んだかと思えば脅威の生命力で幾度となく蘇り・・・ と、いろんな意味で見所満載な小妹ことチャン・ツィイー。死んだ(と思われていた)小妹が雪の中からモゾモゾと這い出て来るシーンは一番の失笑ポイントになっていた。製作陣の意図するところではないだろうけど・・・(汗) 金城武は古装スタイルが似合っていてとても魅力的。逆にアンディ・ラウは役柄のせいもあって老けて見えてしまった。

ワダエミの衣装は昔から好き。保護色隊を除き(笑)今回も素晴らしかった。いろいろと書いてしまったがアニタ・ムイのいきさつを知ると辛辣には書きたくない部分もある。小説が面白かっただけに彼女が「大姐」として活躍する『LOVERS』が是非見たかった。ご冥福をお祈りします。
[PR]
by blue-ryan | 2004-11-24 23:09 | 映画一般