トップ
≪映画≫『リメンバー・ミー』
リメンバー・ミー
/ ジェネオン エンタテインメント








意外にも『霊』が個人的ヒットだったキム・ハヌル、笑った顔が金城武に似ていると個人的に思い込んでいる『オールドボーイ』のユ・ジテが共演。
時代を違える男女が無線機を通じて交流を深めて行くファンタジー作品。




偶然所有することになった無線機を通じて、女子大生ソウン(キム・ハヌル)は同じ大学に通うイン(ユ・ジテ)と出会う。しかし、会う約束をしても会えないし、話がさっぱり通じない。お互いに不信感を抱きつつも交流を続けるうちに時代の食い違いに気付く二人。ソウンは1979年、インは2000年を生きていた。



以下、ネタバレ!!



ここまでの流れがとっても丁寧(半分くらいかな)。女が20才も年上なんてどうやって結ばれるんだろう!と興味津々で見ていたもののそういう展開ではなく・・・。

親密に交流を深めるソウンとイン。しかし、話の流れでインがソウンの恋焦がれる先輩トンヒと親友ソンミの間に生まれた子供だと分かり、身を引いてしまうのよ。切なすぎる! せっかくトンヒと上手く行きそうな感じだったのに。そしてソウンがトンヒを愛していたことを知って自分の失言に苛まれるイン。

インは現在のソウンが幸せに暮らしているのかが気になってしょうがない。で、突き止めるんだけど彼女はオールドミスになってるわけで。でもインの存在に気付いたソウンはそっと微笑んでくれる。「幸せそうでよかった」と泣きじゃくるインが可愛いんだな。自分の失言が原因でお嬢様なソウンがやさぐれてたら立ち直れない。でもソウンが本当に幸せだったのかは謎。とりあえず私は彼女が可哀想で仕方なかった。それにしても眼鏡を掛けたくらいじゃ40才過ぎには見えませんで(汗)

しきりにインにちょっかいを出している女の子は何とハ・ジウォン!(驚) この子こそやさぐれてて、インを通じて立ち直って行くのは分かったけどちょっと分からないキャラだった。何か見落とした?(汗)
[PR]
by blue-ryan | 2004-12-30 20:43 | 韓国映画