トップ
≪映画≫『愛しのサガジ』
今年最後の投稿はハ・ジウォンとキム・ジェウォンが共演したドタバタ系ラブコメディ『愛しのサガジ』。

どうにも気にかかることがあって調べてみるとハ・ジウォンは1979年、そしてキム・ジェウォンは1981年の生まれ。ということは大学生役のキム・ジェウォンはともかく、ハ・ジウォンは24~5才にもなって高校の制服を着たのか! 恐るべし! (ある意味アッパレ)




100日記念日前日に恋人と別れた高校生ハヨン(ハ・ジウォン)が憂さ晴らしに蹴り飛ばした空き缶が高級車レクサスを傷付けてしまう。車の持ち主であるヒョンジュン(キム・ジェウォン)は彼女に「修理代300万ウォンを払え!」と吹っかけるが高校生のハヨンにそんな大金が支払えるわけがない。結局、ハヨンはヒョンジュンの提案する奴隷契約書に署名するはめになる。



以下、ネタバレ!!



ヒョンジュン役のキム・ジェウォンのイヤミったらしい薄笑いが脳裏に焼き付く。高校生を奴隷契約で弄ぶなんて冷静に考えたらスゴイ悪趣味な話(汗) そのうえ前半なんて特に下品極まりなく、生理的に受け付けられない人もいるのでは? そして「どうやねん!」と言いたくなる結末。作品としては楽しめたが(いろいろ笑わせてもらったので)、これでヒロインが愛嬌のあるハ・ジウォンでなかったら、ただの胸糞悪い映画(失礼!)で終わったかも。

・・・ と思ったのは初見の話。今見返してみるとなかなかハートフルやん。下品度もシモネタ満載だった『色即是空』なんかに比べたらマシ(比べるな)。合格通知を隠すやり方はやっぱりどうかと思ったけど、何度見てもハ・ジウォンは可愛いなぁ。コレが『茶母』後の撮影だなんて信じられない(汗) ムチムチしている高校生だったけど制服にもそれほど違和感なかったような。  

女家庭教師がなかなかいい味を出していた。眉毛から目が逸らせないこと間違いなし!
[PR]
by blue-ryan | 2004-12-31 12:09 | 韓国映画