トップ
≪映画≫『The Ring Virus』
文字通り、「韓国版リング」なわけですが、ハリウッド版よりは面白い。東洋独特のおどろおどろしさというか、見えないモノへの恐怖は感じられる。でも本家のインパクトには敵わないかな。




高校生である姪の突然死。その同日同時刻に彼女の友人たちも同じく謎の死を遂げていた。いずれも死因は心臓発作。若者たちの不可解な死因に疑問を抱き、独自に調査を開始する新聞記者のソンジュ(シン・ウンギョン)。やがて姪たちが揃って死の一週間前に泊まっていたロッジを突き止めた彼女は、そこで謎のビデオテープを発見する・・・。



と、ストーリーは日本版「リング」とほとんど変わらない。しかし日本でコワッ!と思ったシーンのほとんどがカット、もしくは漠然と描かれていて一層怖くなくなっていた。

まぁ今から思えば幽霊役がぺ・ドゥナだもんな。顔も出しすぎだし。思い出しましょう、あの日本版の貞子の不気味さを。全国の貞子さんが気の毒に思えるくらい恨みのこもった負のキャラクターとして定着。今や一昔前の「トイレの花子さん」に匹敵するくらい浸透してるんじゃなかろうか! って何を力説してるんだ、私は(汗)

興味はあるけど日本版リングは怖くて見れないという人にオススメです。
[PR]
by blue-ryan | 2005-01-13 21:09 | 韓国映画