トップ
≪映画≫『殺人の追憶』
殺人の追憶
/ アミューズソフトエンタテインメント








1986~1991年の間に韓国ソウル郊外の農村で実際に起きた未解決連続殺人事件を基にしたサスペンス映画。




1986年、ソウル郊外の農村で女性の変死体が発見される。その事件を皮切りに同じ手口による殺人事件が相次ぎ、トゥマン刑事(ソン・ガンホ)を中心とする警察は連続殺人事件として捜査を進めて行く。ソウルから派遣されたテユン刑事(キム・サンギョン)も加わるが、田舎流のやり方を貫く頑固なトゥマンと都会派テユンの捜査方針は悉く食い違い、捜査は難航する。

怖がりなくせにホラーやサスペンスが大好きな私。心の奥底では「有り得ない!」と思っているから恐怖が尾を引くことはまずない。しかし今作のように実際の事件を基にしている作品は後からズシーンと重い恐怖が襲って来る。多少の脚色は否めないにしても『犠牲者がいる』ことは事実なのだから・・・。



以下、ネタバレ!!



対照的な二人の刑事が魅力的。冤罪についても考えさせられる(汗) ストーリー、音楽ともにメリハリが効いていて見応えも充分。そして怖い・・・。 もし犯人が健在なら、この映画をどう感じているんだろうか。罪の意識が少しでもあるなら今からでも自首しろ!(怒) 最後の何気ない少女の台詞がまた怖い。
[PR]
by blue-ryan | 2005-01-13 23:25 | 韓国映画