トップ
韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』 第5話
「私のこの口、いつも失敗のモトなんです」


以下、ネタバレ!!




少女から教えられたとおり、手先の感覚を使って『松の実刺し』を会得して行くチャングム。試験の日になり、案の定、慕っていた少女がクミョン本人だったことを知ってビックリ! 「最高尚宮やチェ尚宮から贔屓されているズルい子」だと他の見習いたちから思われているということにプライドを傷つけられたクミョンは試験の題目を他の見習いたちが得意としている『松の実刺し』に変更することを提案する。

しかし優勝したのは実力派クミョン。そして2位はチャングムだった。チェ尚宮から労いの言葉をかけられたチャングムは素直に『松の実刺し』のコツを「クミョンから教わった」と告白。結果、クミョンに告げ口をしたのがチャングムだとバレてしまい、見習いたちのイジメに拍車がかけられることに!(汗) ホント、アンタの口は失敗のモトだよ、全く。

『チェ一族』のチェ最高尚宮が体調を崩し、退室せざるを得なくなった。新しい最高尚宮として、まだ若いチェ尚宮を就任させるまでの繋ぎにと女官長が抜擢したのは出世に興味のない風流で悠々自適なチョン尚宮。しかし、「上からは私(女官長)が、下からはチェ尚宮が封じればよい。そのうち何か問題でも起きたら責任を押し付ければよい」なんて腹黒いったらない! 形だけの最高尚宮だと見縊っていた女官長とチョ尚宮だったが、就任早々、中宗王に気に入られる大手柄! 料理を食べて『砂糖』と『熟した柿』の違いを見抜いたチャングムを称える一方で、自分の実力に奢りさえ持ったクミョンには「皆と同じように自分の場所で努力をし、励みなさい」と特別扱いを許さない。豪快に笑い、実力で人を評価する。一見、地味なおばちゃんと思ったけど、筋の通った格好いいおばちゃんやないの!

『チェ一族』の権力に執着する余り、一族の将来を担うクミョンのプレッシャーを煽るチェ尚宮。一方、ハン尚宮の元で伸び伸びと知識を身に付けて行くチャングム。この教育法の違いは今度の二人にどのような影響を及ぼして行くのでしょう!? この二人がライバルになって行くんだろうな。最初はヨンノかと思ったけど、すっかり脇に回ってるし。
[PR]
by blue-ryan | 2005-01-16 16:23 | 『大長今(チャングム)』