トップ
≪映画≫『コックリさん』
友引忌
/ 松竹


ボイス 特別版
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント








Jホラーの次はKホラーということで。上記二作品に続くアン・ビョンギ監督のホラー第三弾! 出演はキム・ギュリ、イ・セウン。




ソウルから転向して来たユジン(イ・セウン)と友人は、イジメっ子のクラスメートたちを「分身娑婆」で呼び出した霊に呪わせようと企む。そして、呪いをかけた少女たちが次々と変死を遂げる中、当のユジンの身にも言い知れぬ恐怖が襲い掛かって来ていた!

この「分身娑婆」というのが日本で言う「コックリさん」と類似している呪いの儀式。最中に目を開けると自身が呪われてしまうらしい。コックリさんは確か手を離すとダメだったような・・・?  怖がりなので経験はありませんが(怖) それにしても29って韓国では不吉な数字なのかな? 『狐階段』も確か29段目だったような・・・。

ハ・ジウォンがカメオ出演するというニュースもあったけど、どこに?(汗) そしてこの記事は一体・・・?



以下、ネタバレ!!



閉鎖的な村に少なくとも女生徒だけで一学年7クラス以上もある謎の学校・・・。 村ってレベルじゃないし(笑) 生まれ変わりは指紋まで一緒かい!とツッコミどころもあるが、成長しても相変わらず不気味はウン・ソウちゃんは恐怖の存在(謎)
[PR]
by blue-ryan | 2005-02-19 14:40 | 韓国映画