トップ
≪映画≫『バンジージャンプする』
公式サイト(日本語)

イ・ウンジュ、衝撃の訃報から一日が経ちました。
彼女はもうこの世にはいないかも知れないけれど(哀)、彼女の遺した作品は永遠です・・・。
出演はイ・ビョンホン、イ・ウンジュ、ヨ・ヒョンス、他。




土砂降りの中、突然傘に飛び込んで来たテヒ(イ・ウンジュ)に一目惚れしてしまう大学生のイヌ(イ・ビョンホン)。内気なイヌの精一杯のアプローチで二人はめでたく恋人同士となるが、まもなくイヌの入隊が決まってしまう。「遅れても待っててね」というテヒの言葉を信じて見送りを待つイヌだったが、結局、彼女が姿を見せることはなかった。それから17年。いまだに彼女への想いを引き摺りつつ、別の女性と結婚したイヌは教師になっていたのだが・・・。



以下、ネタバレ!!



何て感想を書いたらいいのかとても迷う。 最初、題名を見た時はコメディだと思い込んだ。見始めて青春モノだったのかと納得し、途中で★モ映画!?と疑い、結局は純愛・・・ だったのかな? 複雑そうで単純なストーリー。結末だけはすぐに予想出来たけどね!(負け惜しみ)

イ・ビョンホンには何となく小憎たらしいイメージがあるんだけど(ごめんなさい)、実際に映像で目の当たりにするとすこぶる魅力的。いいガタイしてるし(違) ヒロインのイ・ウンジュも独特な雰囲気を持つ好感の持てる女優。そんな二人が熱演しているのに、初めて見た時はなんとなく狐につままれたような感覚が残った。でも二度目に見た時は無意識に違う受け止め方をしたようで、胸を打たれてしまいました・・・。 ちょっと鳥肌。



以下、重要ポイント書いてますので未見の方ご注意ください



テヒが直前に事故に遭ってしまった為、イヌの見送りに来れなかったという切ない事実が最後に明かされるんですが、そのテヒの命日が2/22だったんだとか。イ・ウンジュの命日と同じです。意図したのか、ただの偶然だったのか・・・。
[PR]
by blue-ryan | 2005-02-23 21:14 | 韓国映画