トップ
韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』 第8~19話
えっと、これまでのチャングム纏め書きです(汗)


以下、ネタバレ!!




第7話は菜園に左遷されてしまったチャングムが無事スラッカン(水刺間)に戻って来るところで終わりましたが、それ以降も冤罪で捕らえられたり、味覚を失ったり、驕り心が出てハン尚宮を怒らせてしまったりと大変だったわけで・・・。

この間、一番の変身を遂げたのが『チェ一族』期待の星であるクミョン。純粋で高潔だったクミョンお嬢様がすっかり『チェ一族』に染まってます。幼い頃から想い続けていたチョンホと妙に仲のいいチャングムには嫉妬心から敵意むき出し。すっかり悪軍団の参謀と化す。

そして治まりきらなくなったのが、”正義の人”チョン最高尚宮と、”何十年居座るつもりか”女官長の根深い確執。女官長はチョン最高尚宮からチェ尚宮にその地位を取って変えようと企むが、そこは頭のいいチョン最高尚宮。自分の後釜はチェ尚宮とハン尚宮を競わせて選びたいと皇帝に直訴する。

チェ尚宮の根回しは全て無駄~。しかし、ハン尚宮を心の中では応援しながらもフェアな姿勢を貫いていた立派なチョン最高尚宮は、まもなく女官長の差し金で冤罪ならぬ”かかってもいない流行病”で臨時追放されるはめに(怒) 女官長も侮れない。そして、まんまと最高尚宮代行に居座るチェ尚宮。これまたいきなり偉そうだし(笑) 仮とは言え権力を手に入れたチェ尚宮は早速、邪魔なハン尚宮とチャングムを明からの使者を出迎える太平館へと向かわせる。が、ハン尚宮とチャングムは難しい太平館での仕事を完璧以上にこなし、皇太后や皇后から認められることに。チェ尚宮ポイント落としまくってます!

ほんとワクワクドキドキするドラマです。恋愛ドラマなどで感じるドキドキ感とはまた違う楽しみ方というか、女同士の確執・陰謀がめちゃくちゃ面白い! たまに「おおぅ!」と感嘆して、拍手したくなることが(笑) 善と悪のキャラもハッキリしていて分かりやすい。でも、私は悪の化身・チェ尚宮が嫌いではありません。むしろ好き。机をボン!と叩いて地団駄を踏む姿がとても可愛いの(笑) この人も若い頃はクミョンのように『チェ一族』であることに苦悩していたのにねえ。ちびっ子チャングムにも理解ある人だったし。それがすっかり怖ろしくなっちゃって・・・。

甘酢ネタでハン尚宮の親友がミョンイであり、そのミョンイの娘がチャングムであるという事実が分かりそう? でも気付きそうで気付かないんだよ、きっと(笑) う~ん、もどかしい!
[PR]
by blue-ryan | 2005-02-24 23:58 | 『大長今(チャングム)』