トップ
≪映画≫『箪笥』
箪笥
/ アミューズソフトエンタテインメント








実はかなり豪華キャストだったりする『箪笥』。韓国のホラーは結構好きです。お化けの登場が分かりやすいのでショックが強くない(笑)




郊外にある屋敷を訪れた姉妹を出迎えたのは継母ウンジュ(ヨム・ジョンア)。嫌悪感を剥き出す姉のスミ(イム・スジョン)とは対称的に強い怯えを見せる妹スヨン(ムン・グニョン)。そんな姉妹の態度に苛立ちを募らせるウンジュだったが、姉妹の父親であるムヒョン(キム・ガプス)は関係を修復させようともせず、彼女たちの確執をただ傍観していた。やがて、屋敷内では不可思議な現象が次々と起こり始め・・・。



以下、ネタバレ!! (大したネタバレじゃないですが)



スミとスヨン、継母ウンジュの三人を軸に寡黙な父親ムヒョンとウンジュの弟夫婦が絡む。しかし作品の感想を一言で述べるなら”理解不能”。中弛みもなく飽きずに見れるけど消化不良。ラスト、一応の納得はするものの「だからアレは何だったのさ!」と数多くの疑問は払拭されないまま。

というわけで『姉妹』という題名で出版されているノベライズ本を読んでみました。著者のあとがきを抜粋引用すると「監督が映画に込めたテーマを深く理解し、それを自分なりに噛み砕き、現地取材も行ったうえでの書き下ろし小説」とある。なるほど! 確かに小説として面白いし、且つ分かりやすい!(笑) 映画を見て悶々としている人にオススメです。私はこの小説のおかげで、映画に再挑戦してしまいました~。

姉妹―Two Sisters
吉村 達也 / 角川書店
[PR]
by blue-ryan | 2005-03-08 23:59 | 韓国映画