トップ
韓国ドラマ『アイルランド』 第5話
ケルト音楽って心に響きますね・・・。


以下、ネタバレ!!




グク(ヒョンビン)の見事な飛び蹴りで喧嘩終了? 「何だこいつ、口だけじゃないか」 いや、口だけじゃなくて微妙に卑怯です。「格好いい」「惚れた」「憧れるよ」というジェボク(キム・ミンジュン)の言葉に満更でもなさそうなグク、すぐに弱点がバレて足元すくわれてるし(笑)

母親に呼び出されたジェボクは自宅へ。三人並ぶと親父の小ささが際立ってます(笑) 誕生日プレゼントとして生き別れの妹ジョンアが見つかったことを告げられるジェボクだが、今まで20人ものジョンアを探して来た母親に冷たい視線を向けてしまう。このドラマのイ・フィヒャンさん、素朴で切なくていいわぁ。再登場した鬼親父が業を煮やして、グクが出演した”訊ね人番組”の録画ビデオをジェボクに差し出してたけど、すぐには見ないんだよねえ、コレが(笑)

ジュンア(イ・ナヨン)が働き始めたことに心配を隠せないグクは上機嫌だった彼女を怒らせるはめに。そんなジュンア、一方でジェボクに就職祝いをねだってるし。「ジュンア、立派だな。憧れる」 うん、今ジュンアに必要なのは守ってくれる人じゃなくて癒してくれる人なんだよね・・・。

シヨン(キム・ミンジョン)も相変わらず切ないんだわ。監督からアメリカに行こうと誘われるけど、インターネット配信するその新事業では「フリ」じゃなくて「本番」が必要。「私はこの仕事を悪い仕事だと思ってる。誇りも持てない卑しい仕事。それでもこの世界じゃ私も役者。女優なのよ。動物じゃなく女優でありたい」なんて格好いいんだから! でも横断歩道に佇むシヨンを見てると切なさが込み上げて来るんだよなぁ。このドラマの登場人物って、総じて捨てられた子犬みたいなんだよな。ギュッと抱きしめてあげたくなる・・・。

「いくら私に頼りっぱなしでも私は家族が好き。あいつらがいなきゃ退屈で死ぬわ」 酔っ払ったシヨンに家族大好き発言を連発されたジュンア、「あんた偉いね。家族を養ってるのも愛してるのも。私には無理だわ」。ジュンアの本心としては妬ましかったり羨ましかったりするのかな・・・。 その帰り道、ジェボクとばったり出くわしたジュンア、本当に嬉しそうな顔するんだよなぁ。自慢気に見せる白衣を「着てみていい?」と羽織るジェボク。思わず抱き付くジュンアに「なぜおれが好きなんだ?」「ハンサムだから」「よく・・・ わかるよ」ってコラ!(笑)

「1年以上同棲してなぜプロポーズしないの?」「おまえはもっといい奴と結婚しろ」 ジェボクの気持ちもわかるけど、シヨン可哀想・・・。 一方、ジュンアは母親に会わないことに怒っているグクに「一緒に喜んでくれるだけで愛せるのに、あなたは出来ないの?」と言ってしまい、浮気疑惑を煽ってしまう。「子供の母親みたいに手を取らないで。そんな母親は嫌い。だから今のあなたも嫌い」と言い捨てて去ったジュンアに、「おれは正しい、きみは間違ってる。母親に会うのが最優先、最重要だ。親がいない人もいるのに」と呟くグク。

そして俄然、仕事に燃えるグク! 「彼はオーラがあるの。普段は違うけど。だから余計セクシー」とヤンスクは専ら実力主義の様子。というわけで、いつの間にか共同社長に昇進しているグク。そんなグクを見かけてそそくさと逃げ出す似顔絵書き師がひとり。グクが大学に入るまで面倒を見てくれた父親の友人・牧師さんらしい。しかし、グクとジェボク、スーツ姿でふたり並ぶと格好ええなぁ!

グクにジュンアの居場所を教えられた母親が病院に。養子に出したいきさつを話したいという母親に「貧乏を理由に養子に出したそれ以外の話を」と冷たいジュンア。でもやっぱり1番の理由は”貧乏”。「医者だからって金の無心は・・・ 」なんて言ってる母親が切ないよ! 「あなたが捨てたの?」「捨ててない!」「私の母親は子供を捨てた人、捨ててないなら、あなたは他人」 なんて切ないドラマなんだ・・・。
[PR]
by blue-ryan | 2005-03-20 14:20 | 『アイルランド』