トップ
韓国ドラマ『勝手にしやがれ』 第2話
ボクスのふと見せる笑顔に痺れます・・・(笑)


以下、ネタバレ!!




バンド仲間の死を知り、泣きながらタクシーを拾おうとするギョン(イ・ナヨン)。彼女の為にタクシーの前に飛び込む命知らずの男ボクス!(ヤン・ドングン)。なぜかギョンの忘れた鞄まで準備よく持って来てるし(笑) ハンカチまで挟んじゃう粋さもポイント高し!

吹けないだけなのに「音が鳴らないんだ」と楽器店にやって来る可愛いボクス。クラリネットってちょっとしたコツがいるもんね(地味に経験者)。おっちゃんに吹き方を習おうとしたその時、金に困ったバンド仲間の為、死んだボーカルの形見となったギターを売りにギョンが訪れる。そしてなぜか徐にキーボードを弾き出す。楽器店のおっちゃん、ギターの代金はくれたけど、ギターそのものは返すと言う。「公演費だ。買い換える時以外は楽器は売るな」 う~ん、男だねえ! その様子を影で見てにっこりと微笑むボクス、キャラ不明。でもおっちゃんにチューまでするくらい嬉しかったらしい(笑) そしてギョンを追ってバスへ乗り込み、接近を図る! 次の言葉を捜している戸惑った表情がこれまた可愛いんだな。そしてギョンはギターをボクスに預けたまま降車してしまう(お約束~)。次のバス停で降りてギョンの元へと笑顔で走るボクスだったが、バス停に彼女の姿はなかった・・・。 夜が更けるまで彼女を待つも報われず・・・(哀)

そんなボクスは家族思い。「大学へ行け。学費ならある」という父親には「貯金は父さんのものだ。誰にも渡すな!」なんて言ってるし(己は他人から金を盗んでるくせに!)、その父親と離婚したらしい母親にはお金を渡したり(でもギョンから盗んだ金なんだよなぁ)、年の離れた弟ソンホが目の前で母親とイチャつく男を嫌っていることを察してその男を追い払ったり。「まともな男と付き合えよ」「まともな男が私を付き合う?」(切ない・・・) 「なんでだよ、いい女じゃん。母さんに尽くす男がいないわけないよ」 実の母親にこんなことが言えるボクスって偉いよなぁ。でも「50年生きてきてひとりもいなかった」と言っちゃうんだよね、母親は。もはや何も言い返せないボクス・・・。

一方のギョンは犬のことでドンジン(イ・ドンゴン)と待ち合わせ。ギョンから犬が「どっかに行った」と聞いて憤るドンジンだけど、そんなに大切な犬なら忘れんなっちゅーねん! そしてなぜかその足で一緒に飲みに行く二人。結局ドンジンにとってワンちゃんはどうでもよかったようで。好かんなぁ・・・。 喫煙&飲酒のギョンに「さっきから似合わないことばかりしてる」ってのは同意見なんだけど。そして酒にすこぶる弱いドンジンは、あっさりご就寝~。「かわいい」なんて言いながら、本当に酒に強かったらしいギョンはドンジンをおぶってホテルに運ぶ。この逞しさもちょっと似合わん(笑) でも父親のホテルになんて運ぶなよ~! それにしてもドンジン、絶対に酔ったフリだわ。明らかに動きが怪しい・・・(笑)

ミレ(コン・ヒョジン)とヒョンジの鬼姉妹。出番は少なかったけど、どっちも「殺してやる」って言ってたよ・・・。 インパクト大、やはり恐るべし(怖)

ギョンの姿を見かけて車を降りたボクスは彼女の姿を探しながらも、ふとおばあさんの財布に手を伸ばしてしまう。その手を掴んで止めるギョン、怒りの眼差し! ボクス、動揺~! 「ここであなたを見ました。私の後ろにいましたよね? 財布をなくしたんです。もしかして知ってます?」「知ってます」「知ってる?」「知ってます」 嘘の吐けないボクスを怒りに任せて殴るギョン。「あんたは私の友達を殺した!」

そのまま意識を失って倒れたボクスは病院に運ばれ、医師から診断結果を伝えられる。

脳の癌・・・。

「死ぬんですか?」「ありえますね」
[PR]
by blue-ryan | 2005-04-06 00:18 | 『勝手にしやがれ』