トップ
≪映画≫『ブラザーフッド』
ブラザーフッド プレミアム・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント





チャン・ドンゴン、ウォンビン共演の話題作『ブラザーフッド』をやっとこさ鑑賞~!




ジンテ(チャン・ドンゴン)は、成績優秀な弟ジンソク(ウォンビン)の学費と家族を養う為、学校を辞め、靴磨きをして生計を立てていた。貧しくも幸せに暮らしていた兄弟だったが、1950年に勃発した朝鮮戦争に揃って徴兵されてしまう。名誉ある大極武功勲章を授与されればジンソクを除隊することが出来るだろうと上官から聞かされたジンテは積極的に危険な任務を遂行し、武功を上げて行くのだが・・・。



以下、ネタバレ!!



ジンソクひとりを助ける為にジンテはどれだけの人間を犠牲にするの?と思いながらも、そんな彼を責めることなんて出来るわけもなく。ただただ、切なくなるだけ。やっぱり戦争は理不尽ということに尽きます・・・(哀)

冒頭、危険な戦場で泣いてばかりの弟ジンソク。このままのキャラだったらイライラしたと思ったけど(汗)、徐々に成長して行くんだよねえ。そんなジンソクを除隊させたい一心で武功を上げることに躍起になる兄ジンテ。そんな兄の変貌に戸惑いつつも、自分のことを一番に考えている兄の気持ちを痛いほど理解しているジンソク・・・。

相変わらず死体や怪我の描写がリアリティありすぎ!(怖) 火薬の量も半端なくて、迫力満点でした。ブラウン管じゃなくてスクリーンで見たかったかも。

イ・ウンジュの出番は思ったより少なかったかなぁ。でもインパクトは充分・・・。 もうこれだけしか書けません(涙)
[PR]
by blue-ryan | 2005-04-10 22:54 | 韓国映画