トップ
≪映画≫『知り合いの女』
イ・ナヨン、可愛い~!!! どうしてか『勝手にしやがれ』の彼女にはいまいちハマれないんだけど今回はよかったよ~。ちょっと不思議ちゃんなイ・ナヨンの方が私の好みみたいです(笑)




二軍の外野手チソン(チョン・ジェヨン)は、恋人にフラれたその日、訪れた病院で余命三ヶ月の宣告を受けてしまう。自暴自棄になって酔い潰れたチソンは女バーテンダー・イヨン(イ・ナヨン)と知り合うことに。イヨンと出会った晩の出来事がラジオで流れていることを知ったチソンは思わず彼女を問い詰めるのだが・・・。



以下、ネタバレ!!



冒頭、別れを切り出した彼女を責めるチソン。ひどい男!と思ったら想像でした(笑)
余命3ヶ月、脳に悪性腫瘍。そして全身転移。そんな現実を突き付けられたチソンは「愛とは何か?」を求め彷徨う。そんな彼が出会ったイヨン。実はイヨンの方はチソンの存在を知っていてずっと片想いをしてたんだよね~。

それにしても劇中劇でもある映画、何の脈絡もないストーリーなのに泣けたわ・・・。 これから電線を見る目が変わるかも(笑)

チソンを演じるチョン・ジェヨンは伊武雅刀か劇団ひとりかって感じ(笑) たまに雨上がり決死隊の宮迫にも見えるし・・・。 ひとりで悲劇な男を演じているけど、それが宣告ミスだったとはね~。てっきりお涙映画だと思っていたので、やられた! ^_^;

殺人犯の女だ~!と思っていたら、跳ね飛ばされたし!(汗) こえ~。たまにあるんだよね、今までほのぼのとしていたくせに、急にホラーな展開になる時が。鳥肌モノです(怖) でも、それでイヨンへの愛に向き合う決意をするチソン。名前を知ることから始まる!と信じる彼はイヨンを質問攻めに。ウンザリしているイヨンが面白い!(笑)
[PR]
by blue-ryan | 2005-04-24 21:03 | 韓国映画