トップ
≪映画≫『バタフライ・エフェクト』
原作が面白かったので、慌てて視聴!(原作の読書感想はコチラ

前回の『ミリオンダラー・ベイビー』に続き、最近の洋画は結構アタってます! 面白かったです。


以下、ネタバレ!!




第一印象は「原作のまんまやん」(笑) 原作以下でも以上でもなく、忠実に映像化されています。でも一緒に見た人は「最初気持ち悪い系の映画かと思った。よく意味がわからん」と言っていたので、逆に原作を読んで見たからこそ理解が深まったのかも。先に原作を読んでしまった時にありがちな「物足りない!」感もなく、ラストを知っているくせにドキドキしながら最後まで楽しめました!

エヴァンを演じるアシュトン・カッチャー。最近とんと洋画を見る機会が少なかったので、デミ・ムーアの若い彼氏か・・・ 程度のゴシップ知識しか持っていませんでした(汗) 悩みの尽きない陰気な役だったので終始苦虫を噛み潰したような表情の髭面でしたが、ハンサムな俳優さんですね~。ケイリー役のエイミー・スマートもあまり馴染みのない女優さんだったので、予告や写真で見る限り、「あんまり可愛くないなぁ」なんて思っちゃってましたが(汗)、いやいや可愛い女優さんでした。この映画で演じたケイリーは数奇な生涯を送るので(エヴァンが過去に戻っちゃうせいだけど)、役者冥利に尽きる役だっただろうなぁ、なんて感心しながら彼女の変貌を楽しんでしまいました。

ほぼ原作に忠実でしたが、結末だけは微妙に異なっていました。でも、映画版の終わり方の方が好きかも。とても切ないんだけどエヴァンの優しさが滲み出ている気がして・・・(涙)
[PR]
by blue-ryan | 2005-06-15 00:16 | 映画一般