トップ
日本ドラマ『雨と夢のあとに』(纏め書き)
b0070963_122238.jpg

テレ朝 公式サイト (画像拝借)

このドラマ、近年稀に見る素晴らしい和製ドラマだったと思うんですが。ファンタジーものなだけに「ありえねえ」感もあるにはあるんですが、そんなことどうでもいいくらい感動しました・・・。

柳美里の同名小説を原作に「演劇集団キャラメルボックス」の成井豊&真柴あずさが脚本を担当。時間が時間なだけに何度か見逃してしまったのですが(しかも初回から!)、それでも密かに見続けていて毎回何かしらに泣かされていました。時間帯のせいかなぁ? コメディな部分もあるのに、ふとした時にじんわりと感動しちゃうんですよね~。さすがキャラメルボックスの脚本家コンビ!というべきなのか。原作も是非読みたいと思います。

雨と夢のあとに
柳 美里 / 角川書店









以下、ネタバレ!!




まさか暁子さんが○○だったとは!!(一応伏せておきます) 肝心なヒントをどうやら見落としていたらしく、この事実にどれだけ驚いたことか(汗) 上川隆也も出演したそのエピソードがまた切なくて、深夜にひとりでオイオイと泣いていたので、傍から見たらかなり不気味だったはず。そして今回(最終回)、もう出て来ないと思っていたその暁子さんが雨を助けに来てくれた時には思わず「暁子さんっ!」と叫んでました(笑) 木村多江、ホント私の涙腺を突付いてくれるわ~。なぜ私の周りの人たちは誰ひとりとしてこの素晴らしいドラマを見てないのか。議論の余地あり(笑)

出て来るキャストもみんなひょうひょうとしていて癒されました。所謂トレンディドラマ(古)とは一線を引いている感のあるドラマでしたが、この時間枠は総じてお気に入りになるものが多いです(マニア向けってこと?)。今回も他にもれず、ツッコミどころもたくさんあったんですがそんなことは無問題。後半、「ダニーボーイ」が流れた時には(例のドラマの相乗効果もあり?)これまた号泣してしまいました。秋にはDVDが出るとのこと。じっくり見返したいドラマです。

雨と夢のあとに
奥田美和子 柳美里 松浦晃久 割田康彦 前嶋康明 / BMGファンハウス


← 主題歌もよかったです♪
[PR]
by blue-ryan | 2005-06-18 01:41 | ▼日本ドラマ▼