トップ
韓国盤『ジキル&ハイド』OST
b0070963_23371732.jpgOSTというくくりでいいのかなぁ?とも思いましたが・・・ (汗)

今日はBSでトニー賞の授賞式を放送していました。何度見てもマネキンのように整ったヒュー・ジャックマンの姿には溜息がこぼれます。同じ人間のカタチだなんて認められません!(笑) とまぁ、最近すっかりミュージカルモードになっているからでもないのですが(あるか)、思い出したかのように韓国盤『ジキル&ハイド』を引っ張り出して聴いてみました。

なんせダブルキャストで収録されているタイトルロールのひとりがチョ・スンウですから!という理由で購入していたOST。噂には聞いていましたが良さ気な雰囲気がそこここに感じられます。元々このミュージカルの楽曲からして好きなので「しょーもない」という感想はまずないわけですが(汗)、「The transformation」から「Alive」へと向かうシーン(ジキル博士からハイド氏への変身シーン)も迫力充分! アンサンブルに至るまで聴き応えのある1枚です♪

でもルーシーの登場曲はブロードウェイ版の「GOOD 'N' EVIL」の方がしっくり来るかも。ちなみに日本も韓国と同じく、「Bring on the men」を歌いながらマルシアが登場してました。とっても素敵な曲なんですが、前者の方がちょっぴり卑猥でよりルーシーらしい気がします。まぁ、歌詞はよくわかりませんがね(コラッ!)

やっぱり若い役は若い役者さんに演じてもらわないと。日本版でジキルを演じた鹿賀丈史氏も健闘されていたと思いますが、どうしても結婚を控える優秀な青年博士には見えなかったんだもの・・・ (汗)

韓国版『ジキル&ハイド』 公式サイト
*「MULTIMEDIA」→「video」→「VIDEO CLIP #02」で、
  ほんの少しだけですが、チョ・スンウの動画が見れます♪
[PR]
by blue-ryan | 2005-06-18 23:51 | OST