トップ
≪映画≫『スパイダー・フォレスト 懺悔』
スパイダー・フォレスト
/ 東宝








日本語公式サイト

てっきりホラーだと思って身構えていたら、サスペンス・ミステリーでした。意外にも面白かったです(「意外」は余計か・・・ ^_^;)




テレビプロデューサーのカン・ミン(カム・ウソン)は、森で不可解な交通事故に遭い、意識不明の重体で発見された。脳の手術を受け、14日後に昏睡状態から目を覚ます。強いショック状態で記憶障害を負ったカン・ミンが目覚めてすぐに口にしたのが、森の中に遺棄された男女の死体のことだった。(以上、公式サイトより抜粋。手抜きしてスミマセン ^_^;)



以下、ネタバレ!!(核心に触れています)



それにしても、エンドクレジットを見るまで、妻と写真屋の女主人を演じていたのが同じ女優さん(ソ・ジョン)だとは気付きませんでした(汗) 写真屋の女が出て来た時、どこかで見たことある人だなぁとは思ったんですが・・・。 時間経過が行ったり来たりしているものの分かり難いこともなく、ほとんどが予想通りの展開だったりするんですが(笑)、中弛みもなくて飽きずに見入ってしまいました。

だからどうやねん!とツッコミたくなる「謎」も多々ありましたが(毛髪伸びるの早すぎ! モチーフの蜘蛛には何の意味が?など)、面白く見れたのでヨシとしましょう ^_^;
それにしても、あのちょっと胡散臭い刑事さん(チャン・ヒョンソン)については説明が少なすぎます。意味わかりません(汗)

どうやら小説版(↓)も出ているようです。買って復習しなくっちゃ! うわ、でも単行本だわ(汗)

蜘蛛の森
ソン・イルゴン 井上嘉大 李金宣 / 英知出版
[PR]
by blue-ryan | 2005-07-31 17:59 | 韓国映画