トップ
2005年 07月 11日 ( 2 )
≪Book≫『人形霊』
人形霊
小島 由記子 チョン ヨンギ / 竹書房








今週末から日本公開の始まる韓国映画『人形霊』のノベライズ本を読んでみました。

映画の日本公式サイト(ホラーの苦手な方は要注意!)

これ、怖いかも・・・。 あくまでも文章として読んだ感想ですが。だって、まず人形ですよ! 私はこの時点ですでにヤバイ^_^; 子供の頃、どうしても市松人形が怖くて物置にしまってもらった覚えがあります。ごめんね、あの時の市松人形さん・・・。 西洋人形の伝統的な様式であるらしい、精巧な『球体関節人形』がストーリーの重要な鍵となっています。人形に霊が宿るというテーマは日本の怖い話にもよく出て来ますが、この球体関節人形とやらがまた市松人形に負けず劣らず、名前からしてとっても不気味!(>_<)  霊が宿っていると言われても否定出来ない存在感を醸し出しています。私は信じないけど。信じたくないけど・・・。

オチはまあともかく、後半のパニックシーンはなかなか臨場感があり、忙しなくページを捲りながら読み進めました。「映像にすると怖いんだろうなぁ」と何度思ったことか。公開された見に行こうかなぁ、と思っていたのですが・・・ 只今思案中。展開が分かっていても恐怖シーンに耐えられるか(人形に耐えられるか)、暫く考えて決めようと思います(汗) 多分、怯えるほど怖くないような気もするんですけどね~。韓国ホラーだし(コラッ!) でも苦手な人形物なだけに侮れないかな、と。

さて、映画のヒロイン(でいいのか?)はキム・ユミなんですね! 彼女の出演作はほとんど見たことがないけど、その美貌は確認済み。そんな私にとってはやっぱり『ボイス』の母親役が一番ピンと来るので、この映画のスナップを見るとかなりイメージが違って見えます。活動的でボーイッシュな感じなのかな。でも、この映画の一番の売りは謎の美少女を演じるのがイム・ウンギョンなのでしょう。見たいけど怖いなぁ。悩みます・・・。
[PR]
by blue-ryan | 2005-07-11 23:18 | 読書感想
【MV】KCM「Smile Again」
な、なんと約24分バージョンまであります!(汗) 朝鮮日報には12分でも大作って書いてあるのに!(エキストラ200人が大作ってことか? ^_^;) 今なら、この長いMVをDaumで見ることが出来ますよ~♪ <「Smile Again」(Drama Ver)KCM>

今回はとりあえず7分バージョンを見てみました(24分バージョンはまた後日)。

出演はチョン・ジュノ、キム・ヒョジン。そして、出産後のカムバックが話題になっていたシン・ウンギョン。待ち侘びていた姐さんの復帰作です!

名前だけではピンと来なかったんですが、キム・ヒョジンって『誰にでも秘密はある』で奔放な三女を演じた女優さんだったんですね。映画より可愛いかも~。髪型かな? 彼女の表情が魅力的で、ウンギョン姐さんも変わらず格好よくて一安心だったんですが、ツッコミどころも満載すぎ・・・ (汗) チョン・ジュノの熱演と壮大すぎるロケーションに敬意を評して今回は敢えて書きません。より詳細であろう、24分バージョンを見たら号泣するかも知れないし・・・?

今回の姐さんはセクシーな感じでしたが、やっぱり同じ○○ならコッチの方がすんなりしちゃうかも~! (*画像とMVは無関係です)
b0070963_064748.jpg


<追記> 2005/7/12

見ました、24分バージョン! 残念ながら号泣とまでは行きませんでしたが、7分バージョンより断然よかったです。辻褄というか、成り行きがよく分かりました^_^; しかし、「エピソード1」という表記は一体・・・?  まさか、シリーズ化!? どう続ける気・・・?(汗)
[PR]
by blue-ryan | 2005-07-11 00:54 | K-POP