トップ
2005年 08月 25日 ( 1 )
≪Book≫『悪魔の眼』
この本ってハーレクインが発行してるんですね! ハーレクインと聞いて、ついロマンスを連想しちゃったんですが、如何せん怖ろしかったです(汗) ロマンス的な要素もないわけではないですが、ヒロインがFBI特別捜査官。そしてプロファイラー。猟奇的な犯行描写が生々しいんです・・・。 「こんなのあるわけないやんけー」と一笑で終わらせられない、私の苦手なジャンルです(汗)

ヒロインはマギー・オデール捜査官。とっても魅力的な女性であるマギーが少年連続殺人犯のプロファイリングを行う為にネブラスカ州の田舎町を訪れ、これまたとっても素敵なプレイボーイ保安官ニックと結託して悪魔(犯人)に立ち向かうというストーリー。

お世辞抜きにも面白い小説なのですが、なんと筆者アレックス・カーヴァのデビュー作なんだそうです! 実際にネブラスカで起きた連続殺人事件にヒントを得て創作したんだとか。現在、私はシリーズ2作目『刹那の囁き』を読んでいるのですが(現在日本では4作目まで発行されているはず)、この1作目『悪魔の眼』以上に怖いうえに面白くて、分厚い文庫にも関わらずサクサクッと読み進めています。登場人物たちが妙に人間くさいのもリアリティを増して魅力的。サイコ・サスペンスが好きな人はきっと気に入るはずです!


悪魔の眼
アレックス カーヴァ Alex Kava 新井 ひろみ / ハーレクイン
[PR]
by blue-ryan | 2005-08-25 00:03 | 読書感想