トップ
カテゴリ:日本映画( 5 )
人形アニメーション映画『死者の書』が見たい!
川本喜八郎 公式サイト

奈良時代に生を受けた大貴族の娘・郎女と、飛鳥時代に無念を死を遂げた大津皇子の魂が惹かれ合い、郎女の一途な心が大津皇子の彷徨える魂を鎮めて行く・・・ 物語らしい。

幼い頃より歴史ロマンに浸るのが好きだった変わり者の私ですが、小学校6年の頃、塾の先生から教材として『天上の虹』を勧められました。小学生にはちょっと刺激の強い(笑)、里中満智子さんの漫画です。でも、これはホント面白い! 多少の脚色は勿論あったでしょうが、とても分かりやすくて、飛鳥に遊びに行った時の感慨もひとしお。で、この漫画で私が心惹かれたのが大津皇子です。幼心にも格好よかったんですわ~。今でも切ない辞世の句は暗記しているし、二上山を見ると「あそこに大津皇子が・・・ 」と思っちゃいます ^_^;

さて、そんな私のアイドル・大津皇子の魂が奈良時代の姫君と交流を深める?という『死者の書』。どこで上映してるのよ~と、前から気になってはいたのですが、どうやら来年2月の東京上映を皮切りに全国に流布されるんだとか(汗) まだまだ先の話だったのね・・・。 また怪しい映画を・・・ と侮ることなかれ。NHK人形劇『平家物語』『三国志』でお馴染みの人形美術家・川本喜八郎さんが監督を務める人形アニメーション映画なんですよー!
えっ? 十分、怪しいって? ^_^;
[PR]
by blue-ryan | 2005-08-21 16:13 | 日本映画
中谷美紀かぁ!
ベストセラー「嫌われ松子の一生」が中谷美紀さん主演で映画化

以前、レビュー(感想文?)を書いた山田宗樹著、『嫌われ松子の一生』ですが、どうやら中谷美紀がヒロインの松子にキャスティングされたようです。「『嫌われ松子』を演じるため今までこの仕事を続けてきたのかも知れません」と発言しているなんて、頼もしいじゃないですか~!(笑) 中途半端なキャスティングだったらイヤだなぁ・・・ と常々思っておりましたが、彼女なら異論ありません。でも、晩年の松子も演じるのかな? まさか特殊メイク?(汗) ちなみに『下妻物語』の中嶋哲也監督がメガホンをとるそうです。
[PR]
by blue-ryan | 2005-05-09 22:44 | 日本映画
≪映画≫『阿修羅城の瞳』
劇団☆新感線の人気舞台を映画化。主演は市川染五郎と宮沢りえ。
舞台だったらもっと面白かったんだろうな・・・ なんて(汗)

簡単なあらすじ
[PR]
by blue-ryan | 2005-04-27 23:21 | 日本映画
≪映画≫『呪怨』
呪怨 劇場版 デラックス版「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ
/ ジェネオン エンタテインメント








こんな記念パッケージが発売されていたらしい・・・(怖)。 テレビ放送を視聴しました。

簡単なあらすじ
[PR]
by blue-ryan | 2005-02-17 20:28 | 日本映画
≪映画≫『血と骨』
『クイール』の崔洋一監督が梁石日の同名小説を映画化した『血と骨』。出演はビートたけし、鈴木京香、他多数(大勢すぎて・・・)。
済州島から大阪へと渡って来た在日朝鮮人・金俊平(ビートたけし)の壮絶な半生。

簡単なあらすじ
[PR]
by blue-ryan | 2004-11-23 21:25 | 日本映画