トップ
【ご連絡】
ワタクシごとで申し訳ありませんが、
自宅の工事に伴い、暫くブログの更新が出来ません。
メンテナンス等は出来る限り行いたいと思っているのですが、
如何せん100%の自宅ユーザーですので、
記事の投稿等は工事が一段落するまで出来ないと思います。
ご迷惑をおかけしますが、ご了解の程よろしくお願いいたします。

[PR]
# by blue-ryan | 2005-09-01 00:00 | 四方山話
【お願い】
毎度ご覧いただきましてありがとうございます。
このところ更新が滞りがちでスミマセン!

当ブログではコメント、トラックバック大歓迎です。
勿論、こっそり覗き見ていただくのも大歓迎です! ^_^

ただ、ここ最近は意味不明な横文字のトラックバック等が増えていることもあり、
管理人(blue-ryan)の考えを明らかに記しておきたいと思います。

以下の内容に当てはまるトラックバックやコメントは悪意がなくとも、
管理しております手前、管理人が相応しくないと判断した場合に限り、
勝手に削除させていただきますので、ご理解の程よろしくお願いします。

* 記事と関係のない内容のトラックバックやコメント
* 記事と趣旨の違う内容のトラックバックやコメント


あくまで無関係な内容のトラックバックやコメントが削除対象となります。

(この記事は8/31まで最上部に掲載させていただきます)
[PR]
# by blue-ryan | 2005-08-31 23:59 | 四方山話
最近のお気に入り
歌は勿論、ダンスもとっても上手なBoA(ぼあ)。 実はちゃんと曲を聴いたことがありませんでした・・・(汗) 現在、日本では「make a secret」を売り出し中ですが、本国では専ら第5集アルバム「Girls To Top」のプロモーションに励んでいた様子。実はこのタイトル曲がイイ感じなのです! こういう曲調大好きー♪ BoA にしては珍しいのか通常なのか、恥ずかしながらよく分からないのですが、ちょっと彼女に興味が沸いてます。今頃 ^_^;

他、最近のお気に入りと言えば、神話の第7集に入っている「Time Machine」。我ながらナゼ今頃?といった感じなのですが、何度聞いても素敵な曲です♪ なんて書いちゃってるくせに、神話に関してかな~り無知な私。辛うじてメンバーの名前を言うのが精一杯・・・(汗)

更に同じく、最近ぐんと好感触なのが日本のEXILE。 あのダンサーたちは必要なのか?なんて思っていたこともありましたが(スミマセン)、今回の「EXIT」はお気に入り。何てったって阿久津真矢(@『女王の教室』)が笑顔で踊ってるんだもの!(笑) 初めてエンディングを見た時の衝撃と言ったらなかったです。でも、そのせいで、いまだにこの曲を聴くと笑顔の阿久津真矢、基、天海祐希さんしか浮かびません!

一体何が書きたかったのか、よく分からない記事になりました ^_^;
[PR]
# by blue-ryan | 2005-08-31 00:43 | K-POP
韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』 第45話
まさしく、ハンドパワーですな!(懐)


以下、ネタバレ!!

More
[PR]
# by blue-ryan | 2005-08-29 23:30 | 『大長今(チャングム)』
≪Book≫『悪魔の眼』
この本ってハーレクインが発行してるんですね! ハーレクインと聞いて、ついロマンスを連想しちゃったんですが、如何せん怖ろしかったです(汗) ロマンス的な要素もないわけではないですが、ヒロインがFBI特別捜査官。そしてプロファイラー。猟奇的な犯行描写が生々しいんです・・・。 「こんなのあるわけないやんけー」と一笑で終わらせられない、私の苦手なジャンルです(汗)

ヒロインはマギー・オデール捜査官。とっても魅力的な女性であるマギーが少年連続殺人犯のプロファイリングを行う為にネブラスカ州の田舎町を訪れ、これまたとっても素敵なプレイボーイ保安官ニックと結託して悪魔(犯人)に立ち向かうというストーリー。

お世辞抜きにも面白い小説なのですが、なんと筆者アレックス・カーヴァのデビュー作なんだそうです! 実際にネブラスカで起きた連続殺人事件にヒントを得て創作したんだとか。現在、私はシリーズ2作目『刹那の囁き』を読んでいるのですが(現在日本では4作目まで発行されているはず)、この1作目『悪魔の眼』以上に怖いうえに面白くて、分厚い文庫にも関わらずサクサクッと読み進めています。登場人物たちが妙に人間くさいのもリアリティを増して魅力的。サイコ・サスペンスが好きな人はきっと気に入るはずです!


悪魔の眼
アレックス カーヴァ Alex Kava 新井 ひろみ / ハーレクイン
[PR]
# by blue-ryan | 2005-08-25 00:03 | 読書感想